ベンツオーナー様:東京都 K・A様

以前乗っていたキャンピングカーも気に入っていたのですが、調理をするときはベットを直さなくてはいけないのが難点でした。食事の用意の度に寝ている家族が移動しなくてはいけないので落ち着きませんでした。そのため、一人旅が多かったです。今回のキャンピングカーを購入する際、私が以前から温めていたレイアウトにしました。今までのキャンピングカーの無駄な装備をなくし、自分のキャンピングカーライフに合ったレイアウトにしたので、すべてをフル活用しております。購入後も使い勝手の悪いところなど、オーエムシーのスタッフに相談して、使いやすく改造してもらっております。

このレイアウトにしてからは、キッチンとベットルームが分かれているので家族も落ち着いて過ごせるようになりました。そのため家族3人で出かけることが多くなりうれしいです。妻や母も大変気に入ってくれて、「次はどこへ行こうか」と楽しみにしてくれています。


キッチンには調味料やマグカップ、歯ブラシを入れる小物入れを作りました。扉の内側に鏡を付けたので、妻が髪をとかすときに便利だと言っております。

カウンターを設置しました。当初は本を読んだり、釣りの針を巻いたりすることを目的にしていたのですが、実際に使い出してからは、二段ベットとカウンターの間にサブマットを設置して、そこに正座をして家族が外の景色を見ながら食事ができていいと言ってくれて重宝しています。
天板の塗装は仕事柄得意なため、自分で塗ったので愛着があり気に入ってます。

ドアを開けたときに、ベットがまる見えにならないように、二段ベットを助手席の後ろ側にしました。

就寝時に運転席後ろのカーテンを閉めると、室内が見えない独立した空間ができるので、そこへポータブルトイレを置いて緊急用トイレルームにもなります。

「その他レイアウトの工夫したところ」
収納スペースを運転席上部、キッチン上部、カウンター下、ベット下などに多く設けました。
中央が空いているレイアウトなので後方視界がよい。